• ログイン
  • マイページ
京王百貨店トップページへ
【重要】大雨による配送停止・遅延について

大雨の影響により、広域にて配送停止・遅延が発生しております。お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいませ。
>配送停止・遅延地域の詳細はこちら

トップページ > おこもり時間を楽しもう! > その他カテゴリー > 酒器

酒器

酒器

表示形式 サムネイル表示 リスト表示
並べ替えおすすめ順人気順安い順高い順
[山田 和] 青織部徳利
2%P~
オブジェのような大胆なフォルムで、非常に存在感のある徳利です。
【山田 和】
父は常滑焼日展作家・山田健吉。伯父は人間国宝・三代山田常山。
1976年に大阪芸術大学を卒業し、越前に築窯。
日本を代表する陶芸家・加藤唐九郎に師事。
重厚感ある本格派の志野を中心に、赫釉織部、青織部などの作品で陶芸ファンを魅了。
価格 44,000円(税込)
[影山明志] 色絵ぐい呑
2%P~
風にそよいでいるような、いきいきとした花の絵が描かれた作品です。
【影山明志】
静岡県出身の陶芸家。
東京藝術大学で陶芸を学び、重要無形文化財「色絵磁器」保持者である藤本能道に師事。
価格 19,800円(税込)
[影山明志] 色絵ぐい呑
2%P~
なんともいえない表情をした鳥の絵がかわいらしいぐい呑です。
【影山明志】
静岡県出身の陶芸家。
東京藝術大学で陶芸を学び、重要無形文化財「色絵磁器」保持者である藤本能道に師事。
価格 19,800円(税込)
[古谷和也] 伊賀ぐい呑
2%P~
人気陶芸作家の古谷和也氏による、美しいビードロと鮮やかな緋色が特徴の作品です。
古谷氏は、信楽で穴窯を復活させた信楽焼の第一人者である父・古谷道生氏の志を引き継ぎ、窯と焼き物作りに励んでいます。
価格 16,500円(税込)
[藤田 潤] 手吹ガラス盃
2%P~
美しく優美な雰囲気をまとったガラス作品です。
藤田潤氏は1951年に東京に生まれ、大学で哲学を学んだ後、父・藤田喬平氏と同じガラス造形の道を志しました。
個展での発表やコンクールでの受賞を重ねながら、詩趣に富む独特の作風を作り上げてきました。
価格 14,300円(税込)
[戸田柳造] 色絵馬上盃
2%P~
小ぶりでかわいらしい馬上盃です。
渋草焼の赤絵・染付を毛筆描画で施し、手造りの味を十二分に満喫できます。
価格 22,000円(税込)
[前田正博] 酒器
2%P~
デザイン性に富んだモダンでシャープな作品で、唯一無二の存在感があります。
【前田正博】
1948年 京都府生まれ
1975年 東京藝術大学大学院陶芸専攻修了
2007年 「前田正博色絵磁器展」(アサヒビール大山崎山荘美術館)
2009年 「赤・黒・金・銀・緑・青 前田正博の色絵展」(菊池寛実記念智美術館)
第56回日本伝統工芸展 日本工芸会総裁賞
2010年 第17回岡田茂吉賞展 MOA美術館賞
2011年 日本陶磁協会賞
2017年 伝統文化ポーラ賞
価格 55,000円(税込)
[須田菁華] 赤絵四方ぐい呑
2%P~
赤絵が美しい、目にも鮮やかな逸品です。
【須田菁華】
四代。
金沢美術工芸大学洋画科卒業後、家業を継承するべく父、祖父について陶法を修行。
1981年、三代菁華の死去に伴い、四代を襲名。
価格 44,000円(税込)
[大樋年雄] 飴釉ぐい呑
2%P~
大樋家の特徴である美しい土味に大樋釉が映える作品です。
手びねりならではの暖かみのある風合いで、手にもよくなじむぐい呑です。
価格 33,000円(税込)
[永楽善五郎] 乾山写・兎絵ぐい呑
2%P~
京焼の家元である善五郎は、千家十職の一つ「土風炉・焼物師」であり、代々土風炉(どぶろ)、茶碗などを製作してきました。
こちらは、16代永楽善五郎(即全)の作品です。
価格 33,000円(税込)
[三代 山田常山] 常滑朱泥盃
2%P~
朱泥と呼ばれる常滑の伝統的な赤色が美しいぐい呑です。
【三代 山田常山】
名工といわれた初代山田常山に少年の頃より陶技を学ぶ。
1961年、三代山田常山を襲名。
三代が作る急須には、古典的なものからモダンなものまで、100種類以上の形があるといわれ、無限である。
1998年、「常滑焼(急須)」にて重要無形文化財保持者(通称「人間国宝」)認定。
価格 77,000円(税込)
[伊藤赤水] 無名異練込酒盃
2%P~
金山で知られる佐渡島の鉱脈付近から産出する赤土「無名異(むみょうい)」を陶土とする「無名異焼」。
島の風土を巧みに取り入れ、独自の作品を生み出してきた人間国宝・五代伊藤赤水による、グラデーションが大変美しい作品です。
価格 220,000円(税込)
[近藤悠三] 染付山絵酒盃
2%P~
1902年に京都清水寺門前茶わん坂に生まれた近藤悠三は、1924年、本格的な陶芸の制作活動を開始。
染付技法を伝統的な枠組みから芸術表現へと昇華させ、1977年、陶磁器染付の分野で重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けました。
生命感に満ち溢れた雄大な染付は「近藤染付」とも呼ばれています。
価格 88,000円(税込)

全13商品

1
  • 日本百貨店協会の提唱する「スマートラッピング」を推進しています。
TOP