<配送遅延のお知らせ>

・天候等の理由で、一部地域において配送の受け入れ中止と遅れが生じております。詳しくはヤマト運輸のホームページをご確認ください。

2022 京王の母の日 ご注文承り期間5月4日(水・祝)午前10時まで

「2022 京王の母の日」のネットショッピング
承りは終了いたしました。
ご利用ありがとうございました。

配送状況については以下よりご確認ができます。

配送状況お問合せサービス

配送状況 お問合せサービス
京王百貨店でご購入いただいたお品物の配送状況を検索できます。

お電話でのお問合せ

お電話でのお問合せ
京王百貨店でご購入いただいたお品物の配送状況をお電話にて確認できます。

お役立ちコラム

carnation_of_the_mothers_day01

なぜ母の日にカーネーションを贈るの?赤や白など色別の意味・花言葉

母の日といえばカーネーションを贈るのが定番です。ただ、意外にもその由来を知る方は少ないのではないでしょうか?母の日にカーネーションを贈るようになった背景とカーネーションの色ごとの意味や花言葉についてご紹介します。

なぜ母の日にカーネーション?由来について

1914年にアメリカで正式に制定された「母の日」。母の日ができた背景には、もともとアンナ・ジャービスという女性の働きかけがあったとされています。母の日にカーネーションを送る風習も彼女から生まれました。

当時、アンナの母親であるアン・ジャービスはアメリカの南北戦争で負傷兵のケアを行う慈悲深い人物として慕われていました。そんなアンが亡くなった2年後、娘のアンナは追悼の会を設けることにしたのです。そこでアンナは、母が好きだった白いカーネーションを祭壇に飾り、会の参加者にも配りました。それが由来となり、「母の日=カーネーション」という風習が広まったとされています。

赤いカーネーションと白いカーネーションの意味について

carnation_of_the_mothers_day02

母の日に送るカーネーションといえば、真っ先に「赤」を思い浮かべる人も多いでしょう。しかしもともとは、「白」を送るのが定番でした。なぜ、カーネーションの色が白から赤へ変わっていったのでしょうか。その背景について解説します。

白いカーネーション:亡くなった方へ贈るカーネーション

母の日は、亡くなった母へアンナが白いカーネーションを贈ったことが由来とされています。はじめは母の日のシンボルとして白いカーネーションが使われていましたが、後に、白いカーネーションは「亡くなった方へ贈る」というイメージがもたれるようになりました。

赤いカーネーション:ご健在の方へ贈るカーネーション

白いカーネーションが「亡くなった方へ贈る」というイメージが持たれるようになったことで、アンナの提案もあり、「母を亡くした人は白いカーネーションを」「母がご健在の人は赤いカーネーションを」と区別するようになりました。赤が選ばれたのは、キリスト教において赤いカーネーションは、十字架に架けられた後のキリストの赤い血(キリストの復活)を象徴している重要な色だからとされています。

その後、「白いカーネーションは母を亡くした子どもの気持ちを傷つけてしまうのではないか」という懸念から、母の日には赤いカーネーションを贈るという風習が定着しました。

カーネーションの花言葉

carnation_of_the_mothers_day03

最近では母の日に赤以外のカーネーションを贈る人も増えてきています。ここでは、プレゼントするときに知っておきたいカーネーションの花言葉を色別にご紹介します。

カーネーション全体

花言葉 女性の愛、純粋な愛情、無垢で深い愛 など

カーネーションは色に関わらず「母への愛」を表しています。どの色であっても母の日にふさわしい花言葉ですので、お母様がお好きな色を基本に選ぶのがおすすめです。

赤いカーネーション

花言葉 母への愛、母の愛、純粋な愛、真実の愛 など

母の日の定番カラーなだけあり、母を思わせる素敵な花言葉です。母への真っすぐな気持ちが込められています。

白いカーネーション

花言葉 尊敬、純潔の愛、私の愛情は生きている など

亡くなった母に対する意味合いが強い花言葉です。いつまでも母を忘れない想いが込められています。

ピンクのカーネーション

花言葉 感謝、気品、温かい心、美しい仕草 など

赤いカーネーション同様に母への愛情を表せる色です。美しく優しい母への尊敬がうかがえます。

オレンジ色のカーネーション

花言葉 純粋な愛 など

非常に強い愛情を示す花言葉です。どちらかというと、恋人や妻への愛情を表す方に近い愛情です。日ごろの感謝をお子さんと一緒に伝えてみてはいかがでしょうか。

紫色のカーネーション

花言葉 気品、誇り など

上品な印象の花言葉です。気高く落ち着いた雰囲気の方へ贈るのにピッタリです。

青色のカーネーション

花言葉 永遠の幸福 など

遺伝子を組み替えたことにより生まれたカーネーションです。いつまでも幸せでいて欲しいという思いが込められています。

母の日に贈るカーネーションを選ぶときの注意点

カーネーションは花そのものに「母への愛」が込められています。そのため基本的に、お母様のお好きな色でお選びいただいてかまいません。ただ、意味などを気にされるのであれば、複数の花言葉が含まれているカーネーションには注意が必要です。「良い意味」と「悪い意味」の花言葉が含まれているものもあるので、事前に確認しておきましょう。

母の日のカーネーションは意味まで理解して贈ってみましょう

母の日にカーネーションを贈るようになった背景には、アンナが亡き母を思い白いカーネーションを贈るというドラマがありました。そんな背景があったように、カーネーションには色ごとに花言葉があります。今年の母の日は花言葉にも着目してみてはいかがでしょうか?

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day01

母の日に贈る花にはどんな種類がある?カーネーション以外で人気の花と花言葉

母の日に、カーネーション以外の花を贈りたいと思ったことはありませんか?この記事では母の日によく贈られる人気の花の種類と、それぞれの花言葉をご紹介します。また、あまり意識されていない花の贈り方を、花束や鉢植え、プリザーブドフラワーなどの種類別にお届け。母の日の花選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

母の日の花はカーネーション以外もある

母の日の花といえば、カーネーションを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。カーネーションと母の日は密接な関係があるので、やはり贈りものとしては定番といえます。

ただカーネーション以外にも、バラやガーベラなど、母の日に贈ると喜ばれる花がたくさんあるのも忘れないでください。次章では日本でよく贈られている花を中心に、特徴や花言葉を紹介していきます。

母の日に贈りたい花の種類・花言葉

母の日にカーネーション以外の花を贈るときは、「愛情」を表す花がよく選ばれます。さっそくどんな花があるのか見ていきましょう。

バラ

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day02

女性なら誰もが憧れるのがバラです。芳醇な香りとゴージャスな印象にくわえて、「愛、美しさ」を象徴する花として有名です。花言葉に着目して選べば、お母様への贈りものとしてもピッタリです。華やかに花束にしたり、フラワーアレンジメントを作ったり、色を選べば贈りやすい花といえます。

花言葉
全色 愛、美しさ
愛情、美
純粋な愛、尊敬
ピンク 熱愛、女性の愛、感謝
オレンジ 純粋な愛
誇り、気品

ガーベラ

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day03

かわいらしいルックスから多くの女性に親しまれるガーベラ。ネガティブな花言葉もほとんどなく、母の日に贈りやすい花です。飾ると周囲が明るくなるので、一輪でも花束でもステキな贈りものになります。

花言葉
燃える神秘の愛
律儀、希望
ピンク 感謝
黄色 親しみ

チューリップ

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day04

かわいらしいイメージのあるチューリップ。主役にも脇役にもなるので、贈り方の幅を広げてくれます。ただ、色によっては花言葉に強い意味があるので注意しましょう。母への花言葉としてもおすすめの色・花言葉は表の通りです。

花言葉
全色 思いやり
真実の愛
ピンク 誠実な愛
不滅の愛

紫陽花

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day05

母の日の花として意外にもおすすめなのがアジサイです。色ごとの花言葉を見ると母の日にピッタリなのが良く分かります。また、育てるのも簡単なので、貰った後に長く楽しめるのも人気の一つです。大きな愛情で包んでくれるお母様におすすめです。

花言葉
辛抱強い愛情
寛容
ピンク 元気な女性

ユリ

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day06

母の日には佇まいが美しいユリもおすすめです。花が大きく華やかなユリをフラワーギフトに選べば、いつもとは違った母の日を演出できるでしょう。ユリは「聖母マリアに捧げられたとされる花」といわれていて、多くの逸話のなかで純潔を表す花とされていました。そんなユリに込められた花言葉の多くは、美しさや清らかさを表しています。

花言葉
純潔
飾らぬ美

スイートピー

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day07

スイートピーは、ひらひらとした可憐な花びらと甘くフルーティーな香りが魅力の花です。母の日に贈るイメージは少ないかもしれませんが、春から初夏にかけての花なので時期的にもおすすめです。他の花との組み合わせるのはもちろん、様々な色のスイートピーで花束を作れば、蝶々のような花びらが美しいロマンチックなギフトになります。

花言葉 優しい思い出

母の日には花の贈り方にも一工夫!フラワーギフトのスタイル

母の日に花を贈る際は、花の種類だけでなくフラワーギフトのスタイルにも注目しましょう。フラワーギフトのスタイルによって、受け取った際の印象が変わったり、個性を出したりすることができます。母の日に贈る花は、次の4つのスタイルが一般的です。

花束

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day08

花のプレゼントと聞いてまず思いつくのが花束です。貰った花束はそのまま花瓶に飾ってみたり、好きな場所に分けて飾ったりと様々な楽しみ方ができます。またサイズ感や価格帯も幅広いので、選びやすいのもポイントです。より長い間、花を楽しみたいときにはドライフラワーにすることもできます。

アレンジメントフラワー

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day09

花器がなくてもおしゃれに生花を飾ることができるのが、フラワーアレンジメントです。フラワーアレンジメントは、あらかじめ花器に生けられているので花瓶などを用意する必要がありません。また、はじめからオシャレに生けられているので、そのままインテリアとして飾ることができます。生花は好きだけど、花器の準備や生け直すのが手間と思われているお母様におすすめです。

鉢植え

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day10

花を生けるだけでなく育てる楽しみも感じられるのが、鉢植えタイプのフラワーギフトです。鉢植えには小さくてかわいらしいサイズのものから、豪華なものまで様々な種類があります。花だけでなく花の成長する姿を見ることができるので、日頃からガーデニングや花の世話が好きなお母様に喜ばれるでしょう。また鉢植えであれば、長くフラワーギフトを楽しむことができます。

プリザーブドフラワー

kind_of_the_flower_of_the_mothers_day11

長い間咲きたての美しさが楽しめるプリザーブドフラワー。特殊加工によって日光や水やりの必要がないので、忙しいお母様へのプレゼントにおすすめです。またプリザーブドフラワーは、花器やギフトブックスを使ってアレンジメントされているものが多いです。花瓶などがなくても、貰ってすぐにおしゃれに花を飾れるのも魅力です。

今年は少しアレンジを加えて、種類から選ぶ母の日の花

母の日に贈る花といえばカーネーションですが、それ他にもお母様へ感謝の想いを込められる花がたくさんあります。お母様の好きな花や花言葉も参考に花を選べば、より想いの詰まったプレゼントになります。

また花の種類だけでなく、フラワーギフトのスタイルにもこだわってみましょう。フラワーギフトのスタイルによって、花全体の印象やお家での飾り方が変わります。花の種類とギフトのスタイルを上手く組み合わせて、お母様にピッタリのフラワーギフトを贈りましょう。

  • 日本百貨店協会の提唱する「スマートラッピング」を推進しています。
TOP