2022 Keio WINTER GIFT 京王ネットショッピングのお歳暮 ご注文は12/21(水)まで ネットショッピング特典送料無料 「2022ご自宅用限定お買い得品&人気グルメ」・「2022京王の冬みやげ」はそれぞれ1配送5,400円以上で送料無料です。※商品券類・カタログギフト・一部特定品は送料無料対象外です。※一部送料込み商品もございます。

【お歳暮サイトで領収証をご希望のお客様へ】
11月中旬(予定)からマイページのご注文履歴より領収証をダウンロード可能な仕様に変更します。
※10月にご注文いただいた分の領収証も11月中旬よりダウンロード可能となりますのでご了承ください。
※紙の領収証が必要な場合は、お手数ですがお客様ご自身で印刷をお願いいたします。

京王ご推奨ギフト600選

ご自宅用限定お買得品&人気グルメ

メールマガジン

「ご進物お申し込み票」
web住所登録サービス

店頭ギフトセンター使用の「ご進物お申し込み票」をお持ちの方は、記載のお届け先様情報をwebアドレス帳に移し替えいたします。
※京王web会員登録が必要です。
※ご登録には1~2日かかります。

12月15日(木)まで

配送状況お問合せサービス

カタログ掲載の特集

カタログの商品番号から探す

カタログに記載された6ケタの商品番号を半角数字でご入力し、検索してください。
一度に6商品まで検索できます。

※インターネットでは、「お歳暮」カタログの一部の商品のお取り扱いとなります。
カタログ番号で検索されない商品はお取り扱いがございません。

お申し込み時のご注意

  • はじめての方は「ご利用ガイド」をご参照ください。
  • 繁忙期のため、お届け日・お届け時間のご指定は承れません。予めご了承ください。
  • 商品によって選べるお届け希望日は異なります。
    • 「準備ができしだい」の配送希望時期をお選びの場合、お申し込み日より5~14日ほどでのお届けとなります。
    • 諸事情によりお届け希望日を過ぎてのお届けになる場合がございます。
  • 「産地直送」、「クール便」、「冷凍便」のアイコンの付いた商品は、配送の特性上、掛け紙(のし)への名入れ・二重包装・他商品との同送は承れません。また、おかけできる掛け紙(のし)は商品詳細画面で選択できるものに限られます。
  • 複数の商品をご注文の場合、到着日が異なる場合がございます。
  • 京王パスポート最大1,000ポイントプレゼントキャンペーンは11月30日で終了いたしました。
  • このサイトのご推奨環境はこちらをご覧ください。

お問い合わせ:0570-022-810(ナビダイヤル) 午前10時~午後6時

お歳暮とは?お中元との違いや相場・選び方を紹介

お歳暮とは?お中元との違い

お歳暮とは、1年の終わりにお世話になった方に向けて、感謝の気持ちを込めて贈り物をする風習のことです。お歳暮を送る相手としては、会社の上司や取引先に加え、遠方の両親や親戚などが挙げられます。

お歳暮はお中元と混同されることもありますが、両者は以下の点で異なっています。

・送る季節

お歳暮は12月から年末までに送るのに対して、お中元は6~8月中旬に送ります。

・選ぶ商品

お歳暮の商品としてよく送られるのは、高級ハムやお肉などが挙げられます。お歳暮では、年末に家族がそろって食べられる商品を選ぶことがポイントです。一方、お中元は夏に送ることから、そうめんやゼリーなど夏場でも食べやすいものを選びましょう。

お歳暮の商品の選び方

お歳暮を選ぶときは、送る相手に適した商品を選ぶことが重要です。贈る相手と商品の選び方は以下の通りです。

両親や親戚 相手の年齢に応じた商品を選ぶことがおすすめです。高齢の方に送る場合は、少しずつ食べられる小分けの商品を選ぶと喜ばれるでしょう。
上司 特に関わる機会が多い上司に向けて、地域限定の商品などを選ぶ人は少なくありません。お酒が好きな場合はビールを送ることも1つの選択肢です。
子どもがいる家庭 子どもがいる家族に向けてお歳暮を送る場合は、家族全員が食べられるお菓子などを選びましょう。ファミリーパックのお菓子は量が多く、子どもがたくさんいる家庭にも喜ばれます。

お歳暮の平均的な相場

お歳暮の厳密な相場価格は決まっていないものの、一般的には3,000~5,000円が目安です。親戚や知人など、一般的な付き合いの人に向けては3,000円程度が多い傾向です。一方、お世話になっている上司や、遠方の両親などに対しては5,000円程度の商品を選ぶことが多くなっています。

なお、特に感謝の気持ちを示すために、中には10,000円程度の商品を選ぶ人もいます。しかし、高額な商品は相手が気を遣う場合もあるため、無理に高額にする必要はないと言えるでしょう。

お歳暮は、基本的に一度贈ったら毎年送り続けるものです。最初に高額な商品を贈ると、翌年以降も同程度の金額の商品を選ばなければならず、負担につながる可能性があります。初めてお歳暮を贈る際は、金銭的に負担のない範囲で商品を選ぶことがポイントです。

― お役立ちコラム ―
  • 日本百貨店協会の提唱する「スマートラッピング」を推進しています。
TOP