• ログイン
  • マイページ
京王百貨店トップページへ

新型コロナウイルスの影響で、お届けに通常よりお日にちをいただく場合がございます。また大雨の影響で配送停止および遅延が発生しております。

トップページ > なぜ母の日にカーネーションを贈るの?赤や白など色別の意味・花言葉

carnation_of_the_mothers_day01

なぜ母の日にカーネーションを贈るの?赤や白など色別の意味・花言葉

母の日といえばカーネーションを贈るのが定番です。ただ、意外にもその由来を知る方は少ないのではないでしょうか?母の日にカーネーションを贈るようになった背景とカーネーションの色ごとの意味や花言葉についてご紹介します。

なぜ母の日にカーネーション?由来について

1914年にアメリカで正式に制定された「母の日」。母の日ができた背景には、もともとアンナ・ジャービスという女性の働きかけがあったとされています。母の日にカーネーションを送る風習も彼女から生まれました。

当時、アンナの母親であるアン・ジャービスはアメリカの南北戦争で負傷兵のケアを行う慈悲深い人物として慕われていました。そんなアンが亡くなった2年後、娘のアンナは追悼の会を設けることにしたのです。そこでアンナは、母が好きだった白いカーネーションを祭壇に飾り、会の参加者にも配りました。それが由来となり、「母の日=カーネーション」という風習が広まったとされています。

赤いカーネーションと白いカーネーションの意味について

carnation_of_the_mothers_day02

母の日に送るカーネーションといえば、真っ先に「赤」を思い浮かべる人も多いでしょう。しかしもともとは、「白」を送るのが定番でした。なぜ、カーネーションの色が白から赤へ変わっていったのでしょうか。その背景について解説します。

白いカーネーション:亡くなった方へ贈るカーネーション

母の日は、亡くなった母へアンナが白いカーネーションを贈ったことが由来とされています。はじめは母の日のシンボルとして白いカーネーションが使われていましたが、後に、白いカーネーションは「亡くなった方へ贈る」というイメージがもたれるようになりました。

赤いカーネーション:ご健在の方へ贈るカーネーション

白いカーネーションが「亡くなった方へ贈る」というイメージが持たれるようになったことで、アンナの提案もあり、「母を亡くした人は白いカーネーションを」「母がご健在の人は赤いカーネーションを」と区別するようになりました。赤が選ばれたのは、キリスト教において赤いカーネーションは、十字架に架けられた後のキリストの赤い血(キリストの復活)を象徴している重要な色だからとされています。

その後、「白いカーネーションは母を亡くした子どもの気持ちを傷つけてしまうのではないか」という懸念から、母の日には赤いカーネーションを贈るという風習が定着しました。

カーネーションの花言葉

carnation_of_the_mothers_day03

最近では母の日に赤以外のカーネーションを贈る人も増えてきています。ここでは、プレゼントするときに知っておきたいカーネーションの花言葉を色別にご紹介します。

カーネーション全体

花言葉 女性の愛、純粋な愛情、無垢で深い愛 など

カーネーションは色に関わらず「母への愛」を表しています。どの色であっても母の日にふさわしい花言葉ですので、お母様がお好きな色を基本に選ぶのがおすすめです。

赤いカーネーション

花言葉 母への愛、母の愛、純粋な愛、真実の愛 など

母の日の定番カラーなだけあり、母を思わせる素敵な花言葉です。母への真っすぐな気持ちが込められています。

白いカーネーション

花言葉 尊敬、純潔の愛、私の愛情は生きている など

亡くなった母に対する意味合いが強い花言葉です。いつまでも母を忘れない想いが込められています。

ピンクのカーネーション

花言葉 感謝、気品、温かい心、美しい仕草 など

赤いカーネーション同様に母への愛情を表せる色です。美しく優しい母への尊敬がうかがえます。

オレンジ色のカーネーション

花言葉 純粋な愛 など

非常に強い愛情を示す花言葉です。どちらかというと、恋人や妻への愛情を表す方に近い愛情です。日ごろの感謝をお子さんと一緒に伝えてみてはいかがでしょうか。

紫色のカーネーション

花言葉 気品、誇り など

上品な印象の花言葉です。気高く落ち着いた雰囲気の方へ贈るのにピッタリです。

青色のカーネーション

花言葉 永遠の幸福 など

遺伝子を組み替えたことにより生まれたカーネーションです。いつまでも幸せでいて欲しいという思いが込められています。

母の日に贈るカーネーションを選ぶときの注意点

カーネーションは花そのものに「母への愛」が込められています。そのため基本的に、お母様のお好きな色でお選びいただいてかまいません。ただ、意味などを気にされるのであれば、複数の花言葉が含まれているカーネーションには注意が必要です。「良い意味」と「悪い意味」の花言葉が含まれているものもあるので、事前に確認しておきましょう。

母の日のカーネーションは意味まで理解して贈ってみましょう

母の日にカーネーションを贈るようになった背景には、アンナが亡き母を思い白いカーネーションを贈るというドラマがありました。そんな背景があったように、カーネーションには色ごとに花言葉があります。今年の母の日は花言葉にも着目してみてはいかがでしょうか?

  • 日本百貨店協会の提唱する「スマートラッピング」を推進しています。
TOP